2012年度 理事長所信

理事長所信

JC 山本様.jpg
2014年度 第44代理事長 山本 誠

 はぼろが誕生して120年が経ちます。歴史を思い起こせば、農業、漁業の1次産業を中心として発展し、国鉄羽幌線の開通、その後羽幌炭鉱の開始、天売村、焼尻村との合併など先人のたゆまぬ努力と苦労により、さまざまな町づくりへの取組が進められてきました。
その後、急速な社会環境の変化に伴い、炭鉱の閉山、国鉄線の廃止など、人口も大幅に減少し、まちづくりにも大きな影響を受けました。近年も、日本経済の低迷により、雇用の減少、進学のため都市部への流出、より一層過疎化現象が進み、ますます私たちの取り巻く環境は厳しくなっていきます。
私たちが目指す「明るい豊かな社会」の実現のために、多くの活動を通じて、地域の歴史や現状を学んできました。私たちだけでは到底難しいことも家族、友人、職場、仲間、また他の団体などのつながりをもつことによって、困難を乗り越えてきました。私たちは多くの「絆」に支えられて生きています。人との出会いには未知の可能性や学びがあり、価値観や考え方、経験を知ることで大きく成長することができます。
羽幌町の現状は、羽幌青年会議所だけでなく、多くの団体や組織がまちづくりやひとづくりに励んでいます。それぞれの団体には、役割があり責任があります。お互いの特性を理解、尊重し、協力しながら活動していく必要があります。
 これからも、私たちの周りにあるさまざまな「絆」を深めることが、豊かな社会へと繋がるのではないでしょうか。青年会議所の魅力ある発信はもちろん、これから担う若き世代に、興味、参加をしてもらい、同じ志を持つ人々が多く集うことが、地域の活力や活気に繋がっていくものと考えます。
 この先訪れる時代の急激な変化により、困難な問題も数多く立ちはだかります。しかし、どんな状況でもこの「絆」つながりを大切にし、共に学び、悩み、励ましあい、真剣に考え積極的に行動すれば、厳しい時代も切り拓くことができると信じています。
 受け継がれてきた想い、地域を愛する心を伝え、一緒に手をとり合いながら、責任を持って「明るい豊かな社会」を実現させましょう。
 私は未熟です。この先もそうでしょう。だけど自分を信じ、同じ世代を生きるメンバーという仲間を信じて、一年間頑張って参りたいと思います。

活動方針

「チャレンジ」
 20~30代に羽幌青年会議所のことに興味を持ってもらい、未来へと
 一緒に活動できる仲間を増やす活動を行います。

2014年度 スローガン

小さな絆 大きな絆に
~地域とのつながりを大切に~




ページの先頭へ

新入会員募集

私達と一緒に活動しませんか?

 羽幌青年会議所では、新しい新入会員を随時募集しています。
 詳しい内容を知りたい方は、各メンバーまでご連絡ください。

お問い合わせ

haboro-rogo.jpg

すべての著作権は羽幌青年会議所に帰属します。 
なお、サイト内の画像・動画・文章は無断転載禁止となっております。

ページの先頭へ

公開討論会2011(町議選)

20110413-05.jpg
2011年(H23)に行われた羽幌町議会議員選挙における公開討論会
公開討論会2011

公開討論会2010(町長選)

20101104-11.jpg
2010年(H22)に行われた羽幌町長選挙における公開討論会
公開討論会2010

What's New

2014.10.22
2012.05.10
2012.03.30
2012.02.29
2012.01.30
HPサーバーを変更
2012.01.01
2012年度版HPを公開しました。

スケジュール

2014.10.22(水)
公開討論会
2014.10.30
10月例会(予定)
2014.11.13
11月例会(予定)
2014.11.16(日)
北海道地区会員会議所会議(札幌)
2014.12.15
12月例会(予定)

お問い合わせはお気軽に・・・

※事務局には常駐しておりませんので、下記『お問い合わせフォーム』よりご連絡ください。